グッときた!【平成最後のサラリーマン川柳】から厳選10句!

2018年のサラリーマン川柳、優秀100句が発表されました。

平成最後のサラリーマン川柳とあってどの句も素晴らしいです。

その中でも、グッときた!

サラリーマン川柳、10句を厳選しました。

どうぞお楽しみ下さい!

サラリーマン川柳2018 厳選10句

『効率化 進めて気づく 俺が無駄』(さごじょう)

平成は機械化が進んだ時代でした。

確かに、機械にできることは全て機械でやれば、もう俺は無駄なのか???

そんな時代背景を象徴した1句でした。



スポンサーリンク

『孫に聞く 将来の夢 ユーチューバ―』(リンゴの森より)

昭和なら将来の夢は、プロ野球選手やお医者さんだったのではないでしょうか?

時代は移り変わるのだと改めて感じました。

『格安は スマホと父の お小遣い』(味噌シール)

平成は、スマホが普及した時代でした。

格安スマホとお父さんの小遣いを上手に表現されてるなとグッときました!

父の立場としては

トホホ・・・

『俺ん家も 長期政権 嫁一強』(やす)

平成は、安倍政権の時代だったといっても過言ではないでしょう。

嫁一強は、平成だけでなくどの時代もそうなんだなと感じます・・・

『ふるさとへ 納税だけが 帰省する』(井戸乃蛙)

平成は、ふるさと納税が始まりました。ふるさと納税はお得な商品がもらえるのでやっている人は多いと思います。

でも・・・

みなさん!

盆と正月は帰省しましょう!(^^)!

『AIが 俺の引退 早めそう』(だいちゃんZ!)

次の時代のテーマとなりそうなのが『AI』です。

引退早くなってもいいんじゃない?

そんな気もしますが・・・

お金もAIに稼いでもらいましょう!(^^)!

『人減らし 「定時であがれ 結果だせ」』(まろちゃん)

この句は、深いです。

会社務めをされている人ならグッとくるのではないでしょうか!

世の中ってこんなものなのでしょうか?

『人生が 100年となり 大慌て』(老行燈)

『人生100年時代』という言葉をよく聞くようになってきました。

人生計画がますます重要な時代になってきます!

『上司より フォロワ―数の 多い部下』(あずきち)

平成は、フォロワ―という言葉が広まりました。

ツイッターなどのSNSが普及した時代でした。

確かに、上司より指示される部下っていますよね!(^^)!

『父さんの 苦労知ってる 靴の底』(可可子)

最後は、この句で。

お父さん、いつもお疲れ様です!

あなたの苦労は誰かが見てくれているということです。

明日からもがんばっていきましょう!



スポンサーリンク

サラリーマン川柳2018 まとめ

2018年のサラリーマン川柳は平成最後の川柳とあって、グッとくる句がたくさんあり内容も濃いように思いました。

全体的な特徴としては、苦労したり皮肉っぽい句が多いですね。

やっぱり、そうか・・・

サラリーマン川柳ってそういうやつですもんね・・・

でも次に時代は、もっと清々しい句が読めるような時代になればいいなと思いました!

サラリーマンのあり方もそろそろ変わってもいいんじゃない?

と感じました!(^^)!

フォローする