【超絶決算!】日本郵船(9101)、株価はどこまで上がる?

【超絶決算!】日本郵船(9101)、株価はどこまで上がる?

2021年8月4日、日本郵船(9101)が超絶決算を発表しました!

営業利益、前年同期比492.3%、また今期配当予想を700円とし、前期の200円から500円UPという内容でした。

日本郵船(9101)の株価はどこまで上がるでしょうか?

株価予想をお願いします。

このような質問にお答えします。

本記事では

日本郵船(9101)の

・事業内容は?

・株価チャートは?

・配当利回りは

・今後も配当金は増配する?

・株価はどこまで上がる?

について解説しています。

日本郵船(9101)事業内容は?

日本郵船の事業内容は、主に海運業です。

自動車船やタンカー、コンテナ船など幅広い船種を展開しています。



スポンサーリンク

日本郵船(9101)株価チャートは?

日本郵船(9101)の株価チャートです。

日本郵船チャート

グラフの右端、2020年末頃に、株価は緩やかに上昇トレンドに転換し、2021年8月の決算で出来高が急増、株価は6000円付近から8000円以上に急騰しているのがわかります。

日本郵船(9101)配当利回りは?

日本郵船(9101)の配当利回りを確認します。

株価:8370円(2021年8月17日終値)

配当:700円

配当利回り:8.3%

高配当と言われるのは、一般的には4%~5%程度です。8.3%は異常に高い数値です。

日本郵船(9101) 今後も配当金は増配する?

日本郵船(9101)の今後の株価がどうなるか?

については以下がポイントになります。

  1. 2022年の業績と配当金が、今期限りのものなのか?
  2. 今後さらに、業績が拡大し増配を続けるのか?

海運業は、不況から好況の業績サイクルが明確な業種になります。2021年は好況トレンドのど真ん中と考えています。好況のトレンドは数年継続しますので、2020年~2021年(2022年まで続く?)あたりは海運業にとっては地合いがよいという認識でいます。

配当金は、不況期になれば、減配すると思われます。過去の実績では、2011年は好況期で配当110円、翌2012年は不況となり配当40円となっています。



スポンサーリンク

日本郵船(9101) 株価はどこまで上がる?

日本郵船は、株価10000円以上まで上がる可能性が考えられます。

理由は以下の3点です。

・配当利回り8.3%は高過ぎる

・好況の波が数年続く

・さらに上方修正の可能性がある

株価10000円で配当利回り7%です。これでもまだ高いです。さらに第1四半期決算で上方修正があったので、2022年3月期決算まで、さらなる上方修正の可能性が高いと思います。今後、株価10000円は狙えると思います。

注意点として、海運業は好況不況の波が明確なので、一転し不況期には減配し株価低迷する見込みが濃厚なので、長期投資には向かないと思います。

それでは、また!(^^)!



スポンサーリンク

★★★当サイトの管理人『世帯主』★★★

GMOクリック証券で株式投資運用中です!

無料口座開設はこちら

☞ GMOクリック証券

GMOクリック証券独自の株価分析と組み合わせて納得の成果を達成できております。

上手く使うことができれば売買手数料を無料にすることも可能です!

売買手数料を無料にする方法は

下記の記事を参考にして下さい!(^^)!

【ネット証券会社 】株初心者におすすめの口座開設はここだ!

まずは無料で口座開設を済ませて利用してみて下さい。

フォローする