スポンサーリンク

ドラフト目玉 大坂桐蔭 藤原恭大 『3冠王、トリプルスリー狙う! 』プロフィール総まとめ

シェアする

どうも、世帯主です。

今年の甲子園ではたくさんのスーパーヒーローが誕生しました。

金足農業の吉田輝星、大阪桐蔭の根尾昂、報徳学園の小園海斗だけではありません。

  • ドラフト目玉
  • 高校生ナンバーワン外野手

と大注目されている選手がいます!

☞ 大坂桐蔭の藤原恭大選手

☞ 『ふじわら きょうた』と読みます

大坂桐蔭には、注目選手が多いのですがその中でもドラフト目玉の選手、それが藤原恭大です。

今回、藤原恭大についてのプロフィールをまとめてみました。

スポンサーリンク

藤原恭大 プロフィール

名前 藤原 恭大(ふじわら きょうた)
生年月日 2000年5月6日
出身 兵庫県尼崎市
身長 181cm
体重 80キロ
投打 左投げ左打ち
守備 センター(外野手)
50m走 5秒7
出身中学 豊中市立第五中学校
出身ボーイズ 枚方ボーイズ

高校生No1野手 走・攻・守、そろった選手

藤原恭大をどんな選手?

と聞かれたら誰もが

走・攻・守、そろった選手

と答えるでしょう!

それでは、どれくらいすごい選手なのでしょうか?

走る

50m走5秒7で駆け抜けます。プロの世界で50m6秒で早いと言われ、0.3秒の差はとんでもなく大きいのです!

たった0.3秒の差がどれくらい大きいのか一緒に考えてみましょう!

例えば

  • 50m5.7秒の藤原選手
  • 50m6秒のプロ選手

この2人が50m走で競争したとします。

藤原選手が50mゴールしたとき

プロ選手は何m手前にいるのでしょうか?

プロ選手の速さは

50[m]÷6[秒]=8.33[m/秒]

8.33[m/秒]の速さで走っているとわかります。

藤原選手がゴールしてから

プロの選手がゴールするまで

0.3秒かかるので

8.33[m/秒]×0.3[秒]=2.5[m]

藤原選手が50mゴールしたとき

プロ選手は何m手前にいるのでしょうか?

A. 2.5m手前

大人が両手を広げた大きさよりも大きな差です。数cmを競うプロの世界でどれくらいすごいことかわかってもらえたでしょうか?

攻める

バッティングは、力強いスイングで豪快なホームランが魅力です。

高校時代のホームラン数は

  • 高校通算32ホームラン
  • 甲子園通算5ホームラン

となっています。

最近、巨人監督を辞任した高橋由伸氏は高校時代に通算30ホームランでした。これを上回る記録です。いかにすごいかわかるのではないでしょうか?

この力強さを生んでいるのが鍛え上げられた筋肉です。

バットのグリップを握る力が化け物のような強さで

  • 握力右手85キロ
  • 握力左手90キロ

となっています。

その上、足もとんでもなく速く今夏の第100回甲子園大会、作新学院との対戦ではランニングホームランを記録しています。何番打者が向いているのかはプロへ入ってからじっくり考えてもいいように思います。

守る

大坂桐蔭ではセンターを守り、走るのが速いので守備範囲が広いです。

そのうえ

遠投110m投げることができる強肩

でのレーザービームはとても魅力があります。

プロでも即戦力になるのではないでしょうか?

3冠王、トリプルスリーを狙う!

藤原恭大はインタビューで

『3冠王やトリプルスリーを達成できる選手になりたい。最終的にはメジャーリーグを目指したい。』

と語っています。

彼ならできる!

と思わせる魅力ある選手です。

間違いなく球界の宝になると思います。

報徳学園の小園海斗と藤原恭大

報徳学園、小園海斗(写真左)と藤原恭大(写真右)

報徳学園の小園海斗と藤原恭大は中学時代に枚方ボーイズでチームメイトとしてプレーしていました。そして1,2番でコンビを組み、全国制覇を果たしています。その2人が、U18日本代表として国際大会に出場しました。

今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会では、同じグローブとスパイクを買い揃え出場するくらい仲良しで知られています。

今後、プロの世界ではライバルでもあり切磋琢磨した仲間でもあるのです。

今年のドラフトのスカウト評価は、2人とも『特A』の目玉評価となっており、ドラフトでも注目の的になっています。



スポンサーリンク

まとめ

さていかがだったでしょうか?

藤原恭大は、ドラフト目玉として大注目されています。

気になるのがドラフト会議日程です。

ドラフト会議日程

2018年10月25日(木) 17:00~

藤原恭大は、複数球団からの指名が予想されます。

何色のユニフォームで今後プレーすることになるのでしょうか?

その瞬間を楽しみにしています!

それでは世帯主でした!


藤原恭大 ロッテへ!

ドラフト会議2018

  • ロッテ
  • 阪神
  • 楽天

3球団の競合の末

ロッテ、井口監督が当たりクジを

引き当てました!

高校生No1スラッガー

藤原恭大は

ロッテが交渉権獲得!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする