大谷翔平の『目標達成シート』とは?二刀流成功の秘訣は高校時代!

どうも世帯主です。

大谷翔平

この名前を知らない人はいない。日本球界からメジャーへ活躍の舞台をかえ、二刀流で飛躍を続けている。

ベーブルース以来とも呼ばれている大谷翔平。いったい、大谷翔平はなぜ成功を続けることができるのか?

彼の成功の秘訣に迫った!

大谷翔平 プロフィール

出身地;岩手県奥州市

生年月日;1994年7月5日(24才)

身長;193cm

体重;92.1kg

投球・打席;右投げ、左打ち

プロ入り;2012年ドラフト1位

経歴;花巻東高校、北海道日本ハム(2013-2017)、ロサンゼルス・エンジェルス(2018-)

タイトル;最多勝、最優秀防御率、最高勝率(2015年)、表彰多数

※高校時代に『目標達成シート』を作成する!

大谷翔平の凄さ ベーブルース以来の偉業

日本球界で1シーズン10勝10ホームランを達成した人間はいない。そう、大谷翔平が現れるまでは。

彼が、日本球界に入ってきた時、球界関係者は口をそろえて、二刀流についての難しさを説いた。これは当然のことだった。誰も成し遂げたことがない未知の世界であったからだ。長い年月をかけて、二刀流は封印され、誰もがチャレンジすることすら忘れかけていた。

それが、大谷翔平は、いとも簡単に、プロ2年目の2014年に10勝10ホームランを達成した。このことで、和製ベーブルース、オオタニとして、その名を世界に知らしめた。

メジャーリーグに目を向けてみると、1918年、ベーブルースが13勝11ホームランを成し遂げて以来、10勝10ホームランを達成した人間はいない。つまり、ベーブルース以来の偉業であった。



スポンサーリンク

大谷翔平 メジャーで飛躍を続ける

今シーズンから、活躍の舞台をメジャーリーグに移し、ロサンゼルス・エンジェルスでプレーしている。打者オオタニとしても、投手オオタニとしても、飛躍を続けており、期待感、存在感は、すでにメジャー1年目にして、別格だ。

今シーズンの成績(2018年8月13日時点)

打者 オオタニ

打率 271

打点 34

本塁打 12

投手 オオタニ

試合 9

勝ち 4

負け 1

防御率 3.10

『目標達成シート』とは?

大谷翔平 高校時代の『目標達成シート』

オオタニがここまで、飛躍を続けることができる要因は何なのか?人とは別格の才能があるのはわかるが、才能だけで成功できる世界ではない。何か特別な要因はないのか調べてみた。すると、驚きの事実が見えてきた。

オオタニは花巻東高校1年生の時に、『目標達成シート』というものを作成していた。目標には、『ドラ1 8球団』と中央に書かれていた。そして、この目標を達成するために必要な8つの要素を考え、さらにその8つの要素の達成に必要なことを8つ書くというものだった。

実際に、高校1年生の大谷翔平が作成した目標達成シートの一部を抜粋してみた。

このように、目標達成に向けて、必要な要素の洗い出しを行い、そのために、何が必要なのかを追求し続けていたのだ!空欄に何が入るのか大谷翔平は自分の頭で考えて書き込んだのだ。

その後、大谷翔平は、2012年のドラフト会議で、日本ハムファイターズからドラフト1位指名を受け、日本球界に入った。

当時、大谷翔平は、メジャー挑戦を表明しており、1球団からの指名でしたが、メジャー挑戦を表明してなければ、この目標が達成されていたのは間違いありません。



スポンサーリンク

『目標達成シート』が成功の秘訣!?

『目標達成シート』が成功へ導く!

誰でも、夢や目標はあると思います。

成功者は、それを実現するため闇雲に努力しているのではなく的確な方法を知っているのかもしれません。

そして、大谷翔平の『目標達成シート』は、私たちにその方法を教えてくれているのかもしれません。

それでは、世帯主でした。

フォローする