【平成最後の初競りマグロ 史上最高額3億3360万円】漁師の稼ぎはいくら?誰が釣ったの?

【平成最後の初競りマグロ 史上最高額3億3360万円】漁師の稼ぎはいくら?誰が釣ったの?

平成最後の初競りマグロに

3億3360万円の値が付きました。

漁師の稼ぎはいくらですか?

誰が釣ったのですか?

毎年、年初の初競りで注目されるのがマグロの初競りです。

平成最後のマグロ初競りは史上最高額3億3360万円の値が付きました!

マグロ漁師の稼ぎはいくら?

誰が釣ったの?

について調べてみました!

初競りマグロ 漁師の稼ぎはいくら?誰が釣ったの?

マグロを釣ったのは

☞ 藤枝亮一船長です!

漁師歴19年、64才です。

一本釣りで釣り上げました!



スポンサーリンク

3億3360万円の振り分けは以下になります。

・漁師:89%

・青森県漁連:1.5%

・大間漁協:4%

・仲卸業者:5.5%

☞ 漁師の稼ぎは、約3億円です。

☞ 税金が約4割で手取りは1億7800万程度!



スポンサーリンク

3億3360万円の初競りマグロはどんなマグロ?

3億3360万円の初競りマグロスペック

・産地:大間

・魚種:クロマグロ

・重量:278キロ

3億3360万円のマグロ 競り落としたのは誰?

3億3360万円で競り落としたのは

・喜代村(東京)が運営する,すしチェーン「すしざんまい」

・キロ単価120万円!

3億3360万円のマグロ 大トロ398円で振る舞われる

単純計算で1貫2万2000円のマグロが

398円で振る舞われました!

食べることができた人は幸せですね!

フォローする