絶対負けない株の投資法【2つの心得と3つのルール】

さて今回は、『絶対負けない株の投資法』について書いていきたいと思います。ちなみに今回書くのは、日本株についてです。

さらっと、タイトル書いちゃいましたけど、これって、究極のテーマですよね!

株式投資で負けないためには

負けない心得があります。

株式投資の本や雑誌に、同じような内容『負けない株式投資』や『株の心得』など、いっぱいありますよね。もう、読み飽きたって人も多いと思います。何年も株やってるけど、成果が出ないな~とか、勝てる時もあるけど、いつくるかわからない暴落に巻き込まれてせっかくの資産が半減しちゃった!?なんて人は、ちょっと、待って下さい。

今回は『株式投資で絶対負けない心得』を解説したいと思います!

安定して常勝できる投資法を丁寧に説明します!

絶対負けないための心得

負けない心得1 冷静さを失うな!

あたり前のことですが、株価は毎日変動します。

暴落だってします。

今日、めっちゃ上がったわ!って思った日の夜に、米株暴落!そして、翌日の日本株もつられるように、大暴落!なんてことは、日常茶飯事と思ってください。

大暴落、これ、想定内!

☞ 冷静さを失うな!



スポンサーリンク

負けない心得2 上手くできている時に欲を出すな!

日経平均がぐんぐん上昇している時期が年に1回や2回はあります。この期間は、自分の保有株の株価もぐんぐん上昇して

『自分は株式投資の才能がある!』

『自分の銘柄選定が上手なんだ!』

そう誰もが勘違いしてしまいます!

そうなってしまうと、人間ってものは、欲が出てきます。もう自分は、勝てる投資法を身につけたんだと思ってしまします。そうすると、株価の上昇率が高い銘柄であったり、自分のルールを無視した銘柄に投資するかもしれません。こうなってきたら、要注意です!

運よく、いいタイミングで売り抜くことができればいいのですが、上昇トレンドの後に待っているのは、下降トレンドです。この波に呑まれると、上昇率の高い銘柄ほど、下降スピードも速く、あっという間に、買値を下回り急降下!売るに売れず資産が半減ってことはじゅうぶんに考えられます。そして、もう買値までは回復しない・・・。こうなって、泣く泣く退散する個人投資家もいらっしゃるのではないでしょうか?

☞ 上手くできている時に欲を出すな!

自分のルールを作れ!

暴落しても、常勝できるルールを作りましょう!

えっ、そんなルールどうやって作るの?

世界的に有名な投資家ウォーレンバフェットの投資法はとても参考になります!

勝ち続けている人の投資法にヒントがあります!

☞ 自分のルールを作れ!

絶対負けない株

さてさて本題に入っていきます!これさえ押さえておけば、あなたはもう負けることはなくなります!!!

ルール1 配当利回りに注目せよ!配当利回り4%以上!

配当利回りとは、配当金を株価で割ることで算出されます。例えば、ある銘柄の配当金が30円/年とします。

(例)配当金が30円の株価が1000円だとします

この場合、配当利回りは、30円/1000円=0.03

配当利回り3%

(例)配当金が30円の株価が800円だとします

この場合、配当利回りは、30円/800円=0.0375

配当利回り3.75%

(例)配当金が30円の株価が750円だとします。

この場合、配当利回りは、30円/750円=0.04

配当利回り4%

株購入条件として、配当利回り4%以上!これを絶対条件とします!例では、株価が750円を下回れば買いを検討します!

日本株の配当利回りを考えた時に、だいたい4%~5%くらいが上限となっています。これは、配当利回りでスクリーニングするとわかると思います。稀に10%近くの高配当銘柄もありますが、業績悪化や苦し紛れの増配など、それはそれなりのマイナス要因の理由があるので、その理由をしっかり確認して除外しておきます。

ルール2 増配銘柄を探せ!

そもそも株式会社は、その企業活動で得た利益の一部を、配当金という形で株主に還元します。会社の方針によって、配当金なしの会社もあれば、配当性向や配当利回りを意識した経営方針であったりとさまざまです。ここで、とても大事なことがあります。

毎年、増配しているかどうかです!

例えば、今年、配当金50円の株を1000円で買えたとします。

配当利回りは、5%です。これは、配当利回り4%以上の条件を十分に満たしています。

だけど、翌年、経営不振で、配当金は25円。またその翌年は、さらに業績悪化で配当金は10円となってしまったとします。

こうなってしまっては、1000円の買値に対して配当金10円になります。次第に、配当利回りが悪化し、10円/1000円=0.01 配当利回り1%となってしまいました。こうなると、株価も低下することが考えられます。

現在の配当利回りだけで銘柄を選ぶと、2年後、3年後に、配当利回りは下がるし、株価も下がるし、・・・痛い目にあいかねません。

☞ 毎年増配!

☞ できれば5年以上連続増配銘柄!

連続増配銘柄を選定すると、買値に対して配当利回りは毎年上がることになります。つまり、毎年、4%以上の配当金を貰いながら、株価上昇タイミングで売るのもよし、株価が下落しても、4%以上の配当をもらうことができるので安心して長期保有できます。また、こういう銘柄は、売りが一巡すると、買いが入りやすいので、株価が下落したままの状態で長期間回復しないことは、考えずらいのです。

ルール3 利益余剰金と有利子負債に注目せよ!

つまり、その会社が金持ちかどうかです!会社に資金の余裕がなければ、配当金どころか新しい事業をするにも借金することになります。誰でも、借金するのは苦しいですよね。個人でも会社でも同じです。できるだけ財務状況が健全な企業を選択します。

ルールとしては、

利益余剰金>有利子負債!

とします。これは、どういう意味かというと、負債をいつでも利益余剰金で返済できるということです。これが会社の健全性です。また、このルールが、配当4%以上かつ連続して増配することができる会社の資金力の根拠でもあります。

これが、

利益余剰金<有利子負債

となると、負債の返済のことが気になり、増配することが厳しくなりかねません。この財務状況でも連続増配している企業はありますが、たいてい必死こいてがんばっていてうまくいっている会社なので、何かのきっかけで歯車が狂うことも考えられます。常勝を目指すのなら、選択肢から排除することが賢明です。

会社の余裕度を確認するためにも、是非、財務状況が健全な会社を選びましょう!



スポンサーリンク

まとめ

絶対負けない株は、以下の2つの心得と3つの銘柄選択ルールを守ることです。

これで、あなたも常勝の仲間入りです!

2つの心得

  1. 冷静さを失うな!
  2. うまくいっている時に欲を出すな!

3つの銘柄選択ルール

  1. 配当利回り4%以上!
  2. 5年以上連続増配銘柄!
  3. 利益余剰金>有利子負債!

★★★当サイトの管理人『世帯主』★★★

GMOクリック証券で株式投資運用中です!

無料口座開設はこちら!(^^)!

☞ GMOクリック証券

GMOクリック証券独自の株価分析と組み合わせて納得の成果を達成できております。

上手く使うことができれば売買手数料を無料にすることも可能です!

売買手数料を無料にする方法は

下記の記事を参考にして下さい!(^^)!

【ネット証券会社 】株初心者におすすめの口座開設はここだ!

まずは無料で口座開設を済ませて利用してみて下さい。

フォローする