スポンサーリンク

【ソフトバンク(9434)株価予想】今後どうなる!買い?それとも売り?

シェアする

年末の大イベントソフトバンク(9434)

12月19日に上場しました。

IPOの初値は公募価格割れとなりました。

相場全体が冷え込んだタイミングでのIPOであったので、上場タイミングが良くなかったのもあると思います。

初値売りをした人は全員が損益となりました。

でも、売らずに保有している人もいると思います。

ソフトバンク株を保有している人は、今後の展開を考える以外に道はありません。

今回は、ソフトバンク株(9434)について

・今後どうなるの?

・2019年の株価は!

・買い?それとも売り?

について考えてみようと思います!

スポンサーリンク

ソフトバンク(9434) IPO公募価格と初値

ソフトバンク(9434)のIPOでの公募価格と初値を確認しておきます。

☞ 公募価格:1500円

☞ 初値:1463円

年末の大イベントでしたが

残念な結果となりました。

ソフトバンクの上場は、株初心者や個人投資家からも注目されていたと思います。

改訂版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ! [ 西堀敬 ]

価格:1,944円
(2019/1/31 19:26時点)

ソフトバンク 株価

ソフトバンクの株価を確認しておきます。

☞ 12月27日終値:1354円

初値からさらに下げています。



スポンサーリンク

ソフトバンク 事業内容

ソフトバンクグループ(9984)の完全子会社として、ソフトバンク(9434)が上場しました。

ソフトバンク(9434)の事業内容の大半は携帯電話サービスです。

すでに社会で広く普及しています。

「SoftBank」

「Y!mobile」

「LINEモバイル」

携帯電話サービス事業としては

国内シェア3位になります。

1位:NTTドコモ

2位:KDDI(au)

3位:ソフトバンク

ソフトバンク 配当利回りと配当性向

ソフトバンクは配当性向85%という、非常に高い株主還元方針を示しています。

配当性向85%から、予想される配当金は年間75円になります。

株価が1500円で

配当利回り5%

となります。

株価が下がれば配当利回りが高くなり、高配当を狙う個人投資家からは魅力的な株に見える可能性があります。

しかし配当性向85%は、高過ぎます。

配当金をたくさん株主に還元してくれるのは嬉しいことですが、ソフトバンク株(9434)を長期で保有した場合

高配当を毎年維持できないのでは?

増配できる余力はないのでは?

すぐに減配するのでは?

という不安が生じるのも事実です。

他の有望銘柄を物色し、比較してみましょう。



スポンサーリンク

ソフトバンク スマホ決済 キャッシュレス化で勝負!

2018年、年末にソフトバンクの戦略がわかる出来事がありました。

スマホ決済

paypay(ペイペイ)キャンペーン

100億円キャッシュバック!

大々的に、CMで流れていたので、耳にした人も多いと思います。

なるほどー!

スマホ決済でシェア拡大を狙ってる!

paypay(ペイペイ)キャンペーンでは

「SoftBank」

「Y!mobile」

の携帯電話利用者が有利になるように設定されています。

詳細はこちら

【ソフトバンク】PayPay(ペイペイ)キャンペーン第2弾!全額キャッシュバックで得するのは誰!
「100億円還元キャンペーン」で話題となった電子決済PayPay(ペイペイ) 何と、SB宮内社長が 「第...

ソフトバンク(9434)株価予想! 買い?それとも売り?

ソフトバンク株は買いなの?

それとも売りなの?

☞ 結論は『買い』です!

今は、景気減速懸念の波に巻き込まれて、全銘柄暴落しています。

すぐに上昇トレンドには入らないと考えています。

ソフトバンクの株価は、しばらくは大きく波打ちながら推移すると思います。

上場直後は、買いたい人と売りたい人の思惑が大きく交錯しています。

2019年 ソフトバンク(9434)株価予想

当面は

1200円~1500円のボックス

2019年のどこかで

1500円を突き抜け上昇する!

※ただし1500円の壁は、簡単には破れない!

※好材料の開示情報などで大衆心理が大きく動いたタイミングで突破する!

と予想しています。

1200円~1500円のボックスの時に

自分の納得のいく値で購入しておく戦略が有効と考えています。



スポンサーリンク

2019年 株式市場はキャッシュレス化がテーマ!

2019年は、キャッシュレス化がテーマになると考えています。

ソフトバンク株(9434)はテーマ株です!

ソフトバンク宮内社長は

paypay(ペイペイ)キャンペーンについて

「第2弾、第3弾を行っていきたい!」

と語っています。

スマホ決済

paypay(ペイペイ)キャンペーン

100億円キャッシュバック!

で一気に注目を浴びています。

第2弾、第3弾が

株価急騰の材料となる可能性もある!?

かもしれません!

ソフトバンクは、スマホ決済でシェア拡大し安定して儲ける仕組みができれば、財務状況が改善されます。

財務状況が改善すれば85%と高すぎる配当性向を落としつつ、増配していくことが可能となります。つまり、高配当を維持しながら株価が上昇するというシナリオができます。

ソフトバンク株には魅力があると思います。

2019年

ソフトバンク株(9434)は面白いと思います!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする